Skip to content

仮想通貨に関する法律について

Posted in 法律

スクリーンショット 2017-03-24 20.46.35
仮想通貨についての日本の法律が2017年4月1日から施行されます。

本日は、このビットコインを含む仮想通貨に関する法律について考察をしていきます。

これらの法律改正は、仮想通貨の取引所など運営側にとっては 対応がかなり大変だと思いますがユーザーとしてビットコインを購入したり売却したりする場合には、とてもメリットがあると思います。

結果として 仮想通貨を取り巻く環境は整備され、より多くの方が参入しやすい環境になるはずです。

メリット

①怪しい取引所や怪しいアルトコインなどを法律により排除できる可能性=安全に取引ができる業界環境の整備
具体的には、取引所の資金の管理方法やレバレッジの規制など。

②ビットコインなどの仮想通貨のセキュリティーに一定ルールが求められるために ユーザーにとってはよりセキュアーな環境で取引をできる可能性が高まる

デメリット

逆にいままでカジュアルにビットコインなど仮想通貨を購入できたのですが、本人確認が必ず求められるようになりメールアドレスの登録のみでアカウントがつくることはできなくなってしまします。

昨日のブログでも触れた、アカウント開設の際の本人確認が4月1日からかなり厳密に行われることがまさにそれにあたります。

(参考)

2017年4月1日から改正資金決済法の施行に伴い、犯罪収益移転防止法の観点から①本人確認書類のご提出②郵送による住所の確認
が必要となり、各社からその案内が出されています。

Blog   http://wp.me/p8xZt6-f