Skip to content

為替相場とビットコイン相場の違い

Posted in ビットコイン情報

今日は、ビットコインの相場について少し触れていこうと思います。

一番の違いは相場への介入の有無

為替相場では、日銀の為替介入などで相場を一定レートに維持することがありますがビットコインは、中央政府がないこともあり、介入がないという特徴があります。また次に大きな特徴は、取引の80%以上を占める中国人の存在です。中国政府の規制や中国の為替や株式市場の動きに大きく、左右されることは為替相場と違う点です。

 

ビットコインの相場にどう向き合えば良いのか?

為替相場との違いを理解したうえで、ビットコイン自体の性質の理解も

不可欠だと思っています。例えば、ビットコインを取り巻く「法律や規制」といま問題になっているハードフォークのような「仕組みの問題」は、ビットコインの相場に参加する上では、十分な理解が必要だと思います。

今後のトレンドについて

現在は、足元の世界情勢が非常に不安定であるため変動リスクがかなり大きく大幅に下落する可能性があると予想します。しかし、3年から5年という長期的な視点でみると上昇する可能性は高いと考えます。これは、ビットコインが一般生活に浸透することで通貨と同じ信用がでてくると思われるからです。例えば、いま存在するポイント制度(ポイントサイトやTポイント マイレージ)がビットコインに変換できるようになるだけでビットコインを取り巻く環境が変わるはずです。